バイアグラは排尿障害にも効果があります

バイアグラはED治療薬として知られる医薬品ですが、前立腺肥大症に伴う排尿障害にも有効です。体内にはサイクリックGMPという物質が存在し、血管を拡張させる役割を担います。しかしPDE5という酵素がサイクリックGMPを分解することで、勃起に必要な血液が海綿体に流れ込むのを阻止してしまいます。そこでバイアグラはPDE5の動きを阻害することで、スムーズに血管を拡張させて海綿体に血液を送り込むようにし、EDを改善させます。
前立腺は男性にだけ存在する膀胱のすぐ下にある臓器で、尿道の周辺に位置しています。そのため前立腺が肥大すると、周りから尿道が圧迫されることによって尿が出にくくなったり、残尿感や頻尿といった症状が現れます。前立腺肥大症の治療は、専用の医薬品で前立腺や尿道の平滑筋に働きかけ、圧迫された尿道を緩めることで症状を改善します。前立腺や尿道の平滑筋にはPDE5が多く存在していて、PDE5の働きを阻害することでサイクリックGMPを分解させず、縮んだ血管を拡げて血流を良くし、尿道をゆるめて排尿しやすい状態にもっていきます。
前立腺肥大症による排尿障害をはじめ、過活動膀胱による不意の尿意、夜に熟睡できないほどの頻尿などはEDの原因ともなるので、前立腺肥大症の症状とEDの両方に悩みを抱えている場合、バイアグラによって二つの症状が軽減できる可能性があります。注意点として、バイアグラで前立腺肥大に伴なう排尿障害が改善しても、原因となっている肥大した前立腺が縮小するわけではありません。あくまで対症療法として効果があるだけなので、根本的に前立腺肥大症を治療したい時には専門医への相談を行う必要があります。

ED治療薬といえば、バイアグラがやはり有名です。何故、バイアグラがそんなに有名なのか?効果が高いから?安く買えるの?使っている人が多いのは何故?と言ったバイアグラとはなんぞや?と思った私自身が調べた内容をお伝えしていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る